血中酸素ウェルネス測定

血中酸素ウェルネスは順次展開中であり、現時点ではすべてのOuraメンバーがすぐに利用できるわけではありません。

Ouraリング第3世代は、睡眠中の血中に含まれる酸素レベルやその変化を検知することができます。 血中酸素ウェルネスとは、血液中の酸素レベルを測定するもので、全般的なウェルネスの指標を目的としたものです。また、この血中酸素ウェルネスは、夜間の呼吸の乱れの可能性を示す際に使用されます。

血中酸素ウェルネス測定は第3世代リングのみ利用可能です。

血中酸素ウェルネス測定の仕組み?
血中酸素ウェルネス測定の使用方法
血中酸素ウェルネス測定のトラブルシューティング
留意事項
その他の情報


血中酸素ウェルネス測定の仕組み  

酸素が豊富な血液は赤外光よりも赤色光を多く反射し、逆に酸素が少ない血液は赤色光よりも赤外光を多く反射します。 この原理を利用して、Ouraリングは就寝中にリングの赤色LEDと赤外線LEDから光を指に照射し、その反射量を測定することで、血中酸素ウェルネスを測定します。

血中酸素ウェルネスの測定値は、Ouraアプリの睡眠Icon_Moon.pngタブから確認できます。 平均血中酸素ウェルネスは、血液中に含まれる酸素レベル(%)です。 睡眠時の呼吸は、血液中の酸素レベルの変化を反映して、夜間、呼吸が規則的に行われているかパターンを示します。 これは1分間に何回呼吸しているかを示す、呼吸数とは異なるものです。 平均血中酸素ウェルネスと睡眠時の呼吸は、3時間以上の睡眠の場合、測定されます


血中酸素ウェルネス機能の使い方

平均血中酸素ウェルネスと睡眠時の呼吸の両機能は、デフォルトでオンになっています。 オン/オフを切り替えるには:

  1. OuraアプリのホームIcon_Bars_Menu.pngタブの左上にあるIcon_Home.pngメニューに移動します。
  2. Icon_Lungs.png睡眠時の呼吸を選択します。
  3. 睡眠時の呼吸横にあるトグルを選択します。

SpO2_Home_View_Intro_Card_JA.pngSpO2_Turn_On_SpO2_JA.png

注:機能のオンとオフを切り替えるには、リングとアプリ間のBluetooth接続が必要です。

次回3時間以上の睡眠をとった後、[睡眠]タブをタップしてみてください。 [睡眠]タブに夜間の平均血中酸素ウェルネス睡眠時の呼吸のグラフが表示されます。

SpO2_Sleep_Breathing_Irregular_JA.png

夜間の呼吸パターンの乱れが疑われる場合は、15分間隔のサンプリングで色分けされた時系列グラフが表示されます。

  • 最適:測定された呼吸の乱れなし。
  • 良好:軽度の乱れ(紺色の線)。
  • 適度:中程度の乱れ(水色の線)。
  • 要注意:著しい乱れ(白線)。

夜間を通して呼吸パターンが「最適」と測定された場合、Ouraアプリは呼吸の規則性グラフを表示しません。 アプリ内の情報Icon_Info.pngアイコンをタップすると、睡眠時の呼吸や改善方法、グラフの見方について詳しく知ることができます。

SpO2_Sleep_Breathing_Optimal_JA.png


血中酸素ウェルネス測定のトラブルシューティング

3時間以上寝ても血中酸素ウェルネス測定データが表示されない場合は、以下を試してみてください。

  • 最新のアプリのソフトウェアとリングのファームウェアがインストールされていることを確認します
  • 携帯電話が機内モードになっていないことを確認します
  • デバイスのBluetoothをオンにします
  • 就寝前にリングのバッテリーが少なくとも30%になるまで充電します
  • リングが指にぴったりとフィットし、LEDセンサーが指の裏側(手のひら側)にあることを確認します

留意事項

  • 血中酸素ウェルネスは 第3世代リングのみ利用可能です。
  • 一晩の血中酸素ウェルネス測定値に大きな変動がある場合は、病気、標高、または呼吸の問題など、何かしらの負荷がかかっている兆候である可能性があります。
  • Ouraリングは医療機器ではなく、病状/病気の診断、治療、治癒、監視、予防を目的としたものではありません。 医師や医療従事者に相談することなく、大きな健康上の変化を行わないでください
  • 血中酸素ウェルネス測定は、夜間を通して赤色と赤外線のLEDを使用するため、リングの全般的なバッテリー持続時間に影響を及ぼします。 リマインダーとして、バッテリー残量お知らせ機能のご利用をお勧めします。

その他の情報

通知の管理

第3世代の紹介

呼吸数の紹介

Pulseブログの血中酸素ウェルネス記事

血中酸素ウェルネスの健康への意味

血中酸素ウェルネス測定機能の開発経緯

この記事は役に立ちましたか? 165人中76人がこの記事が役に立ったと言っています
トップに戻る