リアルタイム心拍数機能の使用

Ouraのリアルタイム心拍数機能を使用すると、リアルタイムの心拍数をチェックできます。

リアルタイム心拍数は、Ouraリング第3世代のみ利用可能な機能で、iOSとAndroidに対応しています。

取り上げるトピックは次のとおりです。

  • リアルタイム心拍数機能とは
  • 仕組み
  • 開始方法
  • 留意事項

リアルタイム心拍数機能とは

リアルタイム心拍数機能で1日中いつでも自分の体のコンディションをチェックできます。タップするだけで、すぐに心拍数データに関するフィードバックを受け取ることができます。リアルタイム心拍数は日中の心拍数データの一部であり、日中の心拍数(HR)ホームカードからもアクセスできます。

仕組み

Ouraは第3世代リングに搭載された緑のLEDで、リアルタイムで心拍数を測定しますリングに組み込まれたグリーンのLEDが、周波数50Hzの光電式容積脈波記録法(PPG)技術を使用して測定します。

このPPG技術は皮膚表面に光を照射しデータを収集します。光が血管に達するとその光線の一部が光検知器に反射します。この反射光の強さを波形としてとらえ、血流を検知する仕組みです。

使用する光線の色により独自の波形を通して、異なるバイオメトリクスを測定できます。例えば、血管が拡張している時には、収縮時より多くの緑色の光線を吸収します。この現象により、正確に心拍数を測定することができます。

心拍数を正確に測定するには、リアルタイムHR機能使用時には測定時の10秒間、できるだけ動かないようにしてください。Ouraが多くの動きを検出した場合、リアルタイムHRは機能しません。下記の「留意事項」に、リアルタイムHRの測定を阻害する他の要因を記載しています。

リアルタイム心拍数機能の使用方法

1.ホームIcon_Home.pngタブで「アクティビティ目標進捗」の下の日中の心拍数(HR)カードを確認します。ここで直近の日中の心拍数の測定値を見ることができます。時間が記載されており、いつ収集されたデータなのかを確認できます。

Group_76.png

2. 大きなハートのアイコンIcon_Moment_Onboarding_3__1_.pngをタップすると、測定にふさわしい環境が整っている場合は(バランスが取れた皮膚温度、動きが少ない、良好なBluetooth接続)、読み込み状態のアニメーションが表示されます。丸10秒間、または測定が完了するまで動かないでください。

mceclip8.png

mceclip9.png

3. 10秒間の測定が完了すると、日中の心拍数ホームカードに現在の1分あたりの心拍数(BPM)が更新されます。この更新された心拍数は、同時に日中の心拍数グラフにも反映されます。

mceclip10.png

留意事項

  • リアルタイム心拍数の測定を妨げる要因はいくつかあります。

微弱なシグナル:デバイスのBluetooth設定を確認し、お使いのリングとアプリがきちんと接続されていることをチェックしてください。

通常より低い皮膚温度

激しすぎる動き:測定中は10秒間動かないでください。

リングを正しく着用していない:リングの3つのセンサー突起部分が、常に指の内側(手のひら側)の皮膚と接触していることを確認してください。r

  • リアルタイム心拍数は、ワークアウト心拍数機能とは異なります。また継続して心拍数をモニタリングする機能でもありません。
  • リアルタイム心拍数を測定する緑のLEDは、できるだけ正確に心拍数測定ができるよう設計されています。したがって安定したシグナルが必要となります。リアルタイム心拍数機能を使うと、より多くのバッテリーを消費します。毎日少しずつ充電し、バッテリーの最適な充電量を40~60%に維持することをお勧めします。充電方法のベストプラクティスについてはこちらをご覧ください。
この記事は役に立ちましたか? 170人中123人がこの記事が役に立ったと言っています
トップに戻る