安静時心拍数とは?

安静時心拍数(RHR)とは、安静時心拍数の1分間の拍動回数のことです。安静時心拍数は、睡眠の質、回復力、総合的な健康状態の指標として使用できます。成人の正常なRHRは40~100 BPMの範囲です。

Ouraは、血液脈拍数(PPG)の変化を検出することにより、睡眠中にRHRをモニタリングし、毎朝、起床時に最低10分平均値を表示します。

3.0_RHR.png

Ouraは、RHRが平均値を下回っている場合は、良好な回復と体力のサインと解釈し、RHRが非常に高いまたは低い場合は、回復の必要性が高まっているサインと解釈します。夜の前半にRHRが最低点に達した場合は、その日から十分に回復したサインである可能性があります。

Ouraは、日中のエクササイズ中やその他のアクティビティ中の心拍数を追跡しないことに注意してください。唯一の例外は、Momentを使用して瞑想したり、自分の体の調子をチェックしたりすることです。特定のMomentセッションが終了すると、日中の安静時心拍数のスナップショットが表示されます。

安静時心拍数に影響するものは何ですか?

安静時心拍数は、身体アクティビティ、栄養、環境要因(暑さや湿度など)など多くの要因に影響を受けます。

日中にカフェインを摂取すると、動悸がしてRHRが上昇することがあります。夜間は、アルコール、寝る前の重い食事、遅い時間の運動などで代謝を早め、RHRを上昇させたままにしておくと、回復が遅れてしまいます。

RHRを低く保つ最も確実な方法の1つはエクササイズです。運動を一貫して始め、体が必要とするときに休息日を考慮に入れれば、RHRは低下し、時間の経過とともに安定するはずです。

女性の場合、月経周期は周期の後半(排卵期と黄体期)にRHRをわずかに上昇させることがあります。

この記事は役に立ちましたか? 92人中85人がこの記事が役に立ったと言っています