Oura API V2アップグレードガイド

この記事では、Oura API V1統合をアップグレードしてOura API V2と連携させる方法について説明します。 Ouraは、少なくとも2023年初頭までOura API V1をサポートする予定ですが、2022年にアップグレードすることをお勧めします。

データアクセス

既存のアクセストークン

Oura API V1の既存のアクセストークンは、個人情報、日々のアクティビティ、コンディション、睡眠、就寝時間のデータを引き続きOura API V2で使用するために有効です。 Oura API V1の既存のアクセストークンは、日中の心拍数、ワークアウト心拍数、ワークアウト、タグ、セッション、および将来リリースされるその他のデータタイプを含む、Oura API V2を通じて利用可能な新しいデータタイプには、アクセスできません。 Oura API V2により提供される新しいデータタイプにアクセスするには、新しいパーソナルアクセストークンを作成するか、OAuth認証フローを介してユーザーに新しいデータスコープへの同意を求める必要があります。

新しいアクセススコープ

新しいアクセススコープには、心拍数、ワークアウト、タグ、およびセッションが含まれます。 Ouraユーザーの認証プロセス中に、これらのスコープへの同意をユーザーに依頼することができます。 詳細については、ドキュメントをご参照ください。

アクセストークン クエリパラメータ

Oura APIのセキュリティを向上させるために、Oura API V2のクエリパラメータとしてアクセストークンを使用するオプションを削除しました。 アクセストークンは、「Authorization」リクエストヘッダーに含める必要があります。 詳細については、Oura API V2ドキュメントの承認セクションをご参照ください。

426エラーコード

Oura API V2を使用すると、426レスポンスコードを受け取る場合があります。 これは、ユーザーのOuraモバイルアプリが、リクエストされたデータ型の共有をサポートするために必要なアプリの最小バージョン要件を満たしていない場合に発生します。 該当するOuraユーザーは、Oura API V2がリクエストされたデータ型にアクセスできるように、Ouraモバイルアプリを更新する必要があります。 時間の経過とともに、426レスポンス数は減少し、バックエンド インフラストラクチャの移行が完了すると、最終的にはゼロになると予想しています。

URLパス

URLパススキーマが次のように変更されました。

V1: GET  /v1/<data-type>

V2: GET  /v2/usercollection/<data-type>


データモデル

以下の表は、Oura APIのV1とV2のデータモデルの変更の概要を示しています。 表は、次の凡例に従って色分けされています。

緑: V1からV2で変更なし

黄: V1からV2で変更

赤: V1からV2で削除

青: 新データフィールド

 

個人情報

Screenshot_2022-03-11_at_12.43.10.png

 

日々のアクティビティ

Screenshot_2022-03-11_at_12.43.15.png

日々のアクティビティ(続き) 

Screenshot_2022-03-11_at_12.43.24.png

日々のアクティビティ(続き) 

Screenshot_2022-03-11_at_12.43.30.png

日々のコンディション

近日公開

日々の睡眠

近日公開

就寝時間

近日公開


他の質問がありますか?

ご質問や改善依頼については、api-support@ouraring.comまでご連絡ください。

この記事は役に立ちましたか? 7人中3人がこの記事が役に立ったと言っています
トップに戻る