リアルタイム心拍数機能を使う

Ouraの心拍数機能で、即時に心拍数をチェックできます。

リアルタイム心拍数機能はOuraリング第3世代限定機能です。iOSとAndroidに対応しています。

それではトピックごとに見ていきましょう。

• どんな機能?

• ご利用方法

• 初期設定方法

• 注意事項

リアルタイム心拍数機能とは?

リアルタイム心拍数機能で一日中いつでも自分の身体のコンディションをチェックできます。タップするだけで、即時に心拍数データに関するフィードバックを受け取ることができます。リアルタイム心拍数はデイタイム心拍数が参照するデータの一部であり、したがってデイタイムHRホームカードからもアクセスできます。

リアルタイム心拍数機能の使い方

Ouraは第3世代リングに搭載されたグリーンのLEDで、リアルタイムで心拍数を測定します。リングに組み込まれたグリーンのLEDは、周波数50HzのPPG (光電式容積脈波記録法)技術を使用しています。

PPG (光電式容積脈波記録法)技術は皮膚表面にライトを照らすことでデータを収集します。この光線が血管にリーチするとその光線の一部が光検知器に反射する仕組みです。この反射した強力な光が波動を通じて血管中の血液量を検出するのです。

光線の色によって波動が検出するバイオメトリックスも変わってきます。血管が膨張している時には、収縮時より多くのグリーンの光線を吸収します。.この変動によって正確に脈の動きを読み込むことができるのです。

脈をさらに正確に読みとるため、リアルタイムHR機能使用時には測定時の10秒間、できるだけ動かないようにしてください。Ouraが測定するには動きが激しすぎると判断すると、リアルタイムHRは機能しません。下の注意事項では、リアルタイムHRの読み込みをじゃまする要因をあげてみました。

リアルタイム心拍数機能の使い方

1.ホームIcon_Home.pngタブでデイタイムHRカードを開きます。これは「アクティビティ目標への進捗状況」の下に位置しています。ここで直近のデイタイム心拍数の読み込みデータを見ることができます。時間がラベリングされているので、いつ収集されたデータなのかが確認できます。

Group_76.png

2. 大きなハートのアイコンをタップすると、Icon_Moment_Onboarding_3__1_.pngもし測定にふさわしい環境が整っていれば(安定した皮膚温度である、激しく動いていない事、Bluetoothのシグナルが強く接続状態が良いこと)、測定を開始します。まるまる10秒間、または測定が完了するまで動かないでください。

mceclip8.png

mceclip9.png

3. 10秒間のデータ読み込みが完了すると、デイタイムHR ホームカード上で現在の心拍数-BPM (1分あたりの拍動)が更新されます。.この更新された値が同時にデイタイムHRグラフにも反映されます。

mceclip10.png

注意事項

リアルタイム心拍数の読み込みを妨げる要因として、いくつかの問題があげられます。

Icon_Arrow_Right.png 微弱なシグナル:デバイスのBluetooth設定を今一度確認してください。お使いのリングとアプリがきちんと接続されていることをチェックしましょう。

Icon_Arrow_Right.png 通常より皮膚温が低い

Icon_Arrow_Right.png 激しすぎる動き:測定中は10秒間動かずにじっとしてください。

Icon_Arrow_Right.png リングを正しく装着していない:リングの3つのセンサー突起部分が、常に指の内側(手のひらサイド)の皮膚に触れていることを確認してください。

リアルタイム心拍数は、トレーニング心拍数機能とは異なります。また継続して心拍数をモニタリングする機能でもありません。

リアルタイム心拍数を測定するグリーンのLEDは、できるだけ正確に心拍数の読み取りができるよう設計されています。したがって安定したシグナルが必要となります。.リアルタイム心拍数機能を使うと、バッテリーの消耗は早まります。ご注意ください。バッテリーの最適な充電量は40-60%です。この範囲内で使えるよう、使用前の充電を心がけましょう。.正しい充電方法のくわしい説明はこちらをご覧ください。

この記事は役に立ちましたか? 11人中7人がこの記事が役に立ったと言っています
トップに戻る