修復時間の紹介

この記事では、日中の心拍数の重要な要素である修復時間についてご紹介します。一日の中で心身がリラックスできた時間を可視化することで、ストレス管理やセルフケアの最新ツールとなるでしょう。

修復時間は、iOSとAndroidの両方で、Oura第3世代リングでのみ利用可能です。

• 概要

• 仕組み

• 開始!

• 最大限に活用する方法

• 留意点

修復時間とは?

Ouraでは、休息と回復を測定し、重視することを常に念頭に置いています。しかし、睡眠は心と体をケアするための一つの要素に過ぎません。日常的に十分な量を摂取しようと努力すれば、人生の約1/3を眠って過ごすことになり、2/3は全体的なバランスを優先する機会として大きく開放されることになります。

修復時間の導入により、Ouraは1日の中でリラックスしている時間を検知し、その時間を反映します。コンディションのデータとインサイトのおかげで、Ouraはすでに、体がさらなるストレスを受けている可能性があるときに通知してくれます。修復時間に気を配ることで、体の状態に合わせた行動ができているかどうかを可視化することができます。

修復時間の仕組み

修復時間は、1日のうちで体が静止している時間だけで決まるわけではありませんが、それも考慮に入れています。動きが制限されている間は体が休んでいるように見えますが、ストレスシステム(闘争・逃走)が活発に働いているため、実際には癒しの状態にいたることができません。

体表温は、体と心が楽になりやすいタイミングをとらえるための、Oura独自の重要な要素です。Ouraは1分ごとに体表温を読み取るため、どの夜の平均値が最も良い睡眠につながるかを判断することができます。リラックスすると、心臓から手足の指先まで血液がたくさん出てきます。指先の体表温が上がると、そこには温かい血液が多く流れていることがわかります。

Ouraは、日中の体表温が夜間の理想的な平均値に達しているときに、限られた動きを検出すると、休息の瞬間を特定します。眠っている間に検知される体表温信号は、休息と回復を最大限に示しており、夜間の平均値は理想的な比較要素となります。この時間帯は、体内のシステムが修復・補充される時間帯であり、1日を元気にスタートさせることができます。

修復時間の使用方法

ホームに移動 Icon_Home.pngタブ > 日中の心拍数カードのどこかをタップすると、詳細が表示されます。 

Group_66.png

Group_67.png

修復時間の任意の場所をタップすると、1日の中でいつ、どれくらいの頻度で、どれくらいの量のリラックスタイムを過ごしたかを確認できます。あなたの修復時間は、メインのグラフとタイムライン上で緑色にハイライトされます。  

Group_68.png

ドロップダウンに表示されるタイムラインは、あなたが目覚めた瞬間から午前0時までを表しています。単一の緑の点は、5分間の修復時間を表しています。グループ化されたより大きな緑のセグメントは、5分を超えた連続した長時間の修復時間を表します。タイムライン上の緑の点とセグメントは、日中の心拍数グラフの縦の緑の棒と一致します。

このタイムライン表示は、1日のうちで休息のための時間の大半を集めたのはいつなのか、休息と回復に積極的に焦点を当てていなかったのはいつなのかを理解するのに役立ちます。起きている時間のどこに修復時間が集中しているか、どれくらい分散しているかに注意してください。そうすることで、いつ自分の体と心を解き放つことができたかを考え、それがどのようなアクティビティや出来事と関連しているかを思い浮かべることができます。 

修復時間は、1日の中でまとめて取るのではなく、1日の中で分割して取るのが理想的です。一日の中で断続的に修復時間を設けることで、自然と回復とアクティビティのバランスが取れた生活になります。

修復時間を最大限に活用する方法

修復時間は、予防の観点からは非常に強力なストレス管理ツールです。日中の心拍数のグラフを定期的にチェックすることで、1日の中で質の高い休息時間を確保できているか、あるいは理想的なバランスに到達するためにもっと集中する必要があるかを確認できます。また、1日の終わりに、起きている間に十分な時間を確保できたかどうかを振り返るために、休息時間を利用することもできます。

休息や回復のための最適な時間は、人それぞれの感覚があり、ライフスタイルや義務、職業などによっても大きく異なります。時間をかければ、自分にとって何が理想的なのか、定期的に手に入れることができるようになり、全体的に最も強く感じられるようになるでしょう。 

留意点

Ouraが24時間の心拍数の平均値と夜間の気温の偏差に合わせて調整を行い、正確な測定値を受信し始めるまでには約30日かかります。この調整期間中も、修復時間は表示されます。

探索タブで完了した瞑想や呼吸のセッションは、合計の修復時間に組み込まれます。

未確認および確認済みの昼寝は、修復時間とはみなされず、合計にも含まれません。

Oura第2世代リングをお使いの方は、自宅での日々のアクティビティの下に休息期間が表示されていたと思います。休息期間はOura第3世代リングでは利用できず、修復時間とは異なります。修復時間は、休息期間を追跡する一般的なアプローチは考慮されていますが、毎日の休息と回復の合計を分析するための、より全体的で洗練されたアプローチをとります。

修復時間は、回復時間や回復指数とは異なります。これらは、アクティビティコンディションスコアの要因となります。

休息モードをオンにしても、自分に反映される修復時間の量には影響しません。

この記事は役に立ちましたか? 8人中8人がこの記事が役に立ったと言っています
トップに戻る