位置情報の有効化(アクティビティ自動検出)

この記事では、最も人気のある機能のひとつ、アクティビティ自動検出(AAD)の最新アップグレードに関する詳細を共有します。ランニング、ハイキング、サイクリングなど、一部の一般的なワークアウトにルートや距離、ペース/スピードのインサイトを追加することで、アクティビティトラッキング能力を拡大しました。

下記で取り上げる内容は次のとおりです。

• 位置情報の説明(AAD用途)

• 開始方法

• 位置情報を有効化する理由(AAD用途)

• 留意事項

• 特記事項

位置情報の説明(AAD用途)

Ouraアプリで位置情報サービスを有効化すると、行うアクティビティの種類に応じてルート、距離、スピード、ペースなど、アクティビティデータの多様性が拡大します。

これらの新しいメトリクスは、検出され確定されたすべてのアクティビティの[ワークアウト詳細]ビューに含まれ、運動の種類によりルート、距離、スピード、ペースが適用されます。ホームIcon_Home.pngとアクティビティIcon_Activity.pngタブに表示される、確定したアクティビティをタップすると、これらのデータを表示できます。特定のどのアクティビティが位置情報に基づくインサイトを受け取ることができるかにご興味がある場合、下記の特記事項の一覧をご参照ください。

新しい各データポイントの内容は次のとおりです。

• ルート開始地点、終了地点、通った正確な経路をマップ化したもの。

• 距離マイルまたはkm単位(Ouraアプリの設定による)のワークアウトの正確な距離。

ペースおよび/またはスピードアクティビティの種類による)。ワークアウト中のペース平均を確認し、スプリットタイムをマイルまたはkmで把握できます。

注意:位置情報に基づくデータをワークアウト後に表示させるには、スマートフォンをワークアウト中携帯する必要があります。またワークアウトを始める前に、デバイスでOuraアプリが開いておりバックグラウンドで起動している必要があります。

開始方法

ステップ1:アプリのアップデートとOuraのアクセスの許可

• Ouraアプリを最新バージョンにアップデートします。

アップデートが利用可能になると、常にホームIcon_Home.pngタブに通知されます。万一通知されない場合でも、随時デバイスでApp Storeを訪問することができます。検索タブに「Oura」と入力してください。アップデートが利用できる場合、その旨が表示されます。

お使いのデバイスの種類およびOuraアカウントで、AAD用に位置情報サービスが利用可能になった場合(*この機能の段階的導入プロセスに応じて)、次回Ouraが検出できるアクティビティを行った際、情報カードが表示されます。

Group_49.png

ここで[続行]をタップしてOuraによる位置情報トラッキングを有効にするか、[許可しない]をタップして有効にしないを選択することができます

[続行]をタップした場合は、位置情報機能を今回と今後Ouraアプリで有効にする許可を確認するよう、オペレーティングシステムがら再度求められます。

位置情報はOura外で共有されることはなく、位置情報へのアクセス許可は随時、デバイスの設定から変更することができることにご留意ください。このステップの詳細については、この記事の末尾近くの留意事項をご覧ください。

Ouraアプリの位置情報サービスをすぐには有効にしない場合でも、ご安心ください、後から設定Icon_Settings.pngで有効化できます。ホームIcon_Home.pngタブの左上隅のハンバーガーメニューIcon_Bars.pngを選択 > [設定]Icon_Settings.pngをタップ > [一般]の下の[位置情報]をタップ > [Ouraの位置情報機能]をオンにします。

Ouraで位置情報のトラッキングを有効にした後、同機能をお手元のデバイスのシステム設定で(有効にしなかった場合)有効化します。これを行うには、デバイスのオペレーティングシステムで[設定]を開き > [プライバシー]を選択 > [位置情報サービス]がオンになっていることを確認します。次にスクロールダウンし、[Oura]を選択 > [位置情報へのアクセスを許可]下の[常に許可する]をタップします。

mceclip5.png

ステップ2:新規アクティビティデータの収集と閲覧の開始

さあランニング、サイクリング、または友達とハイキングに行く準備ができました(*以下の一覧をご覧ください)。位置情報トラッキングの緑色のライトを押して最初のアクティビティを確定すると、アクティビティがホームIcon_Home.pngとアクティビティIcon_Activity.pngタブの両方に表示されます。最近行ったアクティビティのすべてを表示させるには、ホームIcon_Home.pngタブの上方にある[情報カード]の[ワークアウト詳細を表示]をタップします。情報カードがない場合、ホームIcon_Home.pngで[アクティビティ]リストをスクロールし、目的のアクティビティをタップし、ワークアウトの詳細を見ることができます。または、アクティビティIcon_Activity.pngタブにジャンプし、アクティビティ一覧からいずれかのカードをタップしても、全く同じレベルの詳細が閲覧できます。

mceclip2.png

新規ワークアウトの詳細は行ったアクティビティの種類により異なりますが、上述のデータポイントのいずれかを含むことがあります。(1) ビジュアルマップを伴うルート、(2) 距離、 (3) ペース/スピード平均。

Group_98.png

Group_100.png

アクティビティの検出や確定後に、これらのメトリクスのすべてにアクセスできるわけではないことにご留意ください。位置情報の提供は、位置情報が有意義な一部のアクティビティのみに適用されます。位置情報に関するインサイトが役に立つアクティビティの種目を増やし、サービス拡大をしていく予定です。Ouraは絶えず改善を目指しています。改善案や追加して欲しいアクティビティがありましたら、こちらまたはソーシャルメディア(@ouraring)でぜひ共有してください。

位置情報を有効化する理由(AAD用途)

Ouraアプリで位置情報サービスを許可することにより、アクティブなライフスタイルのより全体像を築き始めることができます。インサイトが多いほど、日々のアクティビティと、それがどのように睡眠、回復、総合的な心身の健康に影響するかをより良く把握できます。

さらにOuraで位置情報トラッキングを設定すると、時間の経過につれ、アクティビティ予測の質の改善に役立ちます。アクティビティを表す取得されたデータは、アクティビティを屋外、自宅、ジムなど、どこで実践しているか(Ouraが見逃さない詳細レベル)により異なることがあります。Ouraは何よりもまず、正確なインサイトの提供を意図しており、そこから、意味のあるパーソナライズされたガイダンスを提供します。

最後に、Ouraで位置情報トラッキングを許可することで、Ouraが現在位置、旅行、睡眠に関する新機能を提供することができます。例として大気の質、時差ぼけ、高度などが身体の休息・回復能力に及ぼす影響などがあります。

留意事項

ベストプラクティスとして、AADを気に入っている方、またユーザー全員に、Ouraの位置情報サービスを[常時オン]に設定するようお勧めします。これは、機能が最適に作動するにはGPSの位置情報がワークアウトの開始時からアクセス可能である必要があるためです。そうでない場合、例えばランニングやサイクリング後にルートやビジュアルマップがない場合があります。

Icon_Arrow_Right.png 位置情報をオンにするには、デバイスのオペレーティングシステムで[設定]を開き > [プライバシー]を選択 > [位置情報サービス]がオンになっていることを確認します。次にスクロールダウンし、[Oura]を選択 > [位置情報へのアクセスを許可]下の[常に許可する]をタップします。

Icon_Arrow_Right.png Ouraでの位置情報トラッキングをオフにする場合は、上記の最後のステップで[許可しない]をタップします。

位置情報はお客様の同意なくOuraアプリ外や第三者と共有されることはありません。

ルート情報およびビジュアルマップは手動で追加したワークアウト、またはApple HealthやGoogle Fitからインポートされたワークアウトにも利用できます。これには、Ouraの位置情報サービスが「常にオン」の設定になっており、ワークアウト中にスマートフォンを携帯し、ワークアウト開始する前にデバイスでOuraアプリを開く必要があります。

Ouraアプリを強制終了した場合は、位置情報トラッキングはアプリを再度開くまで停止します。このため、アクティビティやワークアウトの実行中にOuraアプリを強制終了しないことをお勧めします。

特記事項

位置情報に基づた幅広いデータを現在提供しているアクティビティについて、下記に微調整された詳細を記載します。

次の自動検出アクティビティでルート距離スピードが利用できます。

Icon_Arrow_Right.png 屋外サイクリング、ダウンヒルスキー、スノーボード、マウンテンバイク、ローラーブレード、サーフィン、アイススケート。

次の自動検出アクティビティではルート距離ペースが利用できます。

Icon_Arrow_Right.png 屋外クロスカントリースキー、ボート、ランニング、ウォーキング、ハイキング、乗馬、HIIT、ノルディックウォーキング、オリエンテーリング。

次の自動検出アクティビティでは距離が利用できます。

Icon_Arrow_Right.png 屋外クライミング、クロストレーニング。

この記事は役に立ちましたか? 91人中76人がこの記事が役に立ったと言っています
トップに戻る