毎日の動きのグラフを読み解く

下記にアクティビティIcon_Activity_Lines.pngタブの毎日の動きのグラフを解釈する際のガイダンスをいくつか共有します。 バランスの取れたアクティブで健康的なライフスタイルに関して、CDCなど全国的な組織の健康に関する一般的な推奨事項に沿って、またOuraの視点と合わせて、次のフレームワークで概説します。これを基に解釈を行うことができます。

  • 毎日
  • アクティブな日
  • 回復日

毎日の動きのグラフ  

理想像  

1. 毎日

全般的にOuraは、毎日の動きのグラフの下部にある「不活動」というラベルの付いた濃い灰色の垂直バーの頻度を、毎日できるだけ制限することをお勧めします。 これらは、1日の中で体を動かさなかった累積時間を表します。 アクティビティコントリビューターガイドをご覧になった方は覚えておられるかと思いますが、1日に合計10時間以上の体を動かさない時間があると、アクティビティスコアに悪影響を及ぼします。

2. アクティブな日

Ouraは、成人向けの一般的な心血管の健康に関する推奨事項に従い、平均的な健康な個人は、週に3回以上中強度から高強度の身体活動/運動を行うことを目標としています。 まず、これが実際に何を意味するのかを詳しく見てみましょう。

  • 中強度のアクティビティにより、心臓と呼吸数が増加します(例:ジョギング、エリプティカル、ダンス、ハイキング、ローラースケート)。 少し汗をかく場合もありますが、会話を続けることができる程度です。
  • 高強度のアクティビティ(HIIT、スキー、サイクリング、ボート、キックボクシング、ランニングなど)では、息切れがします。 心拍数が大幅に増加し、アクティビティを行っている間は一度に数語しか話せなくなります。 
  • Ouraが定義する運動とは、少なくとも10分間の高強度の運動、または少なくとも45分の中強度の運動を意味します。

上記を踏まえて、心拍数を上げて運動する日である場合は、毎日の運きのグラフのすぐ下に、のラベルが付いた白い水平バーが少なくとも10分、またはとラベルが付いた水色の水平バーが45分と表示されるように運動したいものです。 これらの値は、メインの動きのグラフに表示される細い垂直バーとも相関関係があり、運動を完了した時間も合わせて記録します(正確なタイムスタンプについてはX軸を参照)。

アクティブな日 

mceclip4.png

3. 回復日

Ouraは、5日ごとに少なくとも1〜2日の回復日を設けることを推奨しています。 もちろん、これはライフスタイルや個人的な状況や事態によっても異なります(例えば、最近競技大会を終えたばかり、旅行中など)。 激しい運動を行わず、完全に体を動かさないわけでもない場合、「コンディションスコア」は上昇します。 過度の負担をかけずに、体を動かすようなこと(例えば、散歩、軽いヨガ、ストレッチ)を行いましょう。 これにより、筋肉やシステム全体への血流が促進され、自然に回復が促進されます。

回復日に設定されている場合は、低強度の水平バー(青で表示、中強度の水色の真下)と毎日の動きのグラフに時間が反映されることを確認できます。 ただし、15分を超える高強度の運動(白い水平バー)または85分を超える中強度と高強度のアクティビティの組み合わせ(白と水色の水平バー)は行わないでおきましょう。

一般的には、毎日の動きのグラフ、またはアクティビティIcon_Activity_Lines.pngタブの最上部にあるグラフをざっと見て、水色と白の垂直バーの比率が最小限に抑えられていることを確認します。 回復日に中・高強度の運動を行うと、体が適切に回復する能力が鈍くなり、逆効果となってしまう可能性があります。

回復日 

mceclip5.png

この記事は役に立ちましたか? 37人中32人がこの記事が役に立ったと言っています
トップに戻る