Ouraリングのお手入れ方法:ヒントとベストプラクティス

この記事では、Ouraリングを長持ちさせるためのお手入れ方法や、Ouraを長期に渡って最大限に活用するための基礎知識をご紹介します。

製品のお手入れ
バッテリーと充電
接続およびアップデート


製品の手入れ

センサーの清掃

Ouraリングの内側にある赤外線LEDセンサー(3つの小さな突起)は、週に1回程度の頻度で清掃することをお勧めします。 お手入れの方法は、Tシャツの内側や布で拭くか、少量の食器用洗剤と水でリングを洗い流してください。 リングのセンサーと指の平側の動脈との間の信号を妨害している可能性のある埃や汚れを取り除きます。

極端な温度に長時間さらされないようにする

Ouraの動作温度は、14°F - 129°F / -(10)°C - 54°Cです。 ホットタブ、サウナ、アイスバス、クライオセラピータンクなどでも、リングを安全に装着することができます。 ただし、極端な温度(32°F / 0°Cまたは95°F / 35°C)に長時間さらされると、電池の損傷につながる可能性があります。

キズ防止のコツ

  • Ouraリングを利き手ではない方の手に装着することで、日常的に押したり引いたり握ったりする様々な面や物との接触を減らすことができます。
  • 他のリングをOuraリングの下や上、横につけないでください。 他のリングがOura リングに擦れて傷がつくことがあります。
  • 摩擦が発生する場面(重量挙げなど)や、金属、陶器、石などの素材を扱う場面 (鍋やフライパンを扱う)では、Ouraリングを外すことを検討してください。 

バッテリーと充電

最適なバッテリーの使用範囲

毎日、リングの電池残量を30〜80%に保つようにしてください。 この新しい習慣を始めるには、充電器を手元に置いて、毎日少しずつリングを充電する習慣をつけることをお勧めします。 洗い物をするとき、パソコンを打つとき、シャワーを浴びるとき、料理をするときなど、快適さや傷防止のためにリングの着用を一時的に中断するときには、充電することをお勧めします。 

Icon_Tip__1_.png なお、二次電池は消耗品であり、寿命が限られているため、時間の経過とともに容量や性能が徐々に低下していきます。 この範囲を定期的に維持することで、バッテリーの経年劣化率を最小限に抑えることができます。

充電不足と過充電を避ける

リングのバッテリーが0%にならないようにしてください。 そのためには、電池残量の通知を有効にすることをお勧めします。 この通知を有効にする方法については、この記事をご覧ください。

リングをしばらく着用しない場合は、リングをパワーセービングモードにしてから保管することをお勧めします。 その方法については、この記事を参照して、ステップバイステップでご確認ください。

リングを充電器につけたまま、1週間以上放置することは避けてください。

電池節約のコツ

1回の充電で最大限の効果を得るためには、バッテリーを節約できる「機内モード」を有効にすることをお勧めします。 機内モードを有効にする方法は、この記事をご覧ください。

適切な電源を使用

充電用の電源コードは、IEC 62368-1規格に適合する外部5V DC電源接続用です。 バッテリーの劣化を防ぐため、3秒後に機器が利用できる電力は 15Wを超えてはなりません。


接続性とアップデート

リングの接続は、1 デバイスとの同時接続のみとなります。

新しいデバイスを使い始め、Ouraリングのデータを安全に移行する必要がある場合は、この記事で説明されている手順に従ってください。

Oura アプリソフトウェアとリングファームウェアを可能な限り更新してください

ソフトウェアとファームIcon_Home.pngウェアの新しいバージョンがリリースされると、Ouraアプリのホーム タブに通知されます。 リングやアプリのパフォーマンスを最適化し、理想的な体験を実現するために、最新バージョンへのアップデートをお勧めします。

この記事は役に立ちましたか? 8158人中7863人がこの記事が役に立ったと言っています
トップに戻る