安静時心拍数の紹介

安静時心拍数(RHR)は、安静時に1分間に心臓が鼓動する回数です。 睡眠の質、回復、ストレスへの反応、活動レベル、そして全体的な健康のスナップショットを提供します。

成人の通常のRHRは、1分間に40〜100ビート(BPM)の範囲です。 Ouraは個人のRHRベースラインを測定するため、何かが違うと、すぐに気付くことができます。

個人の平均より3〜5 BPMを超える上下変動は、病気、食事内容、深夜の食事、睡眠不足など、回復力の低下または体への過度のストレスのサインである可能性があります。


安静時心拍数の重要性

安静時の心拍数は、長期および短期の両方の健康の指標です。

  • 長期的には、低いRHRは一般的に、心血管の健康、体力、および回復の改善を示します。
  • 短期的には、高いRHRは内部ストレス、食事パターン、運動習慣など、自分でコントロールできる行動を示していることがあります。 これらは内容に応じて肯定的・否定的なものになります。 例えば、ハードなトレーニングを行うことは、肯定的なRHRの上昇につながります。 一方、仕事で精神的苦痛を感じることは、一般的にRHRの上昇の否定的な原因と見なされます。

低RHRは良いサイン

心拍ごとに、体は肺からの酸素が豊富な血液を使って体全体の機能をサポートします。 安静時心拍数が時間の経過とともに低下すると、各心拍がより効果的になります。 体を動かし続けるのに必要な同じ量の仕事を、より少ない努力で、成し遂げることができます。

心臓がより効率的になると、心拍数を上げることなく、より多くのことができるようになり、体にかかる負担を軽減できます。

負担が少ないと、副交感神経(「休息と消化」)状態に近づきます。 副交感神経系が優勢であるほど、交感神経(戦うか逃げるか)が必要なときに反応できる余裕ができます。 運動、プレゼンテーション、新しい仕事の面接、初めて何かを行ったり、仕事の締め切りに間に合わなければならない場合に必要になることがあります。


Ouraの安静時心拍数の測定方法

Ouraは、リングの赤外線PPGセンサーを介して脈拍量の変化を検出し、RHRをモニタリングします。

心臓が脈動するたびに、手や指の動脈に血液が送り出されます。 PPGセンサーは、光の反射を使用して血流量と血流のこれらの変化を検出します。 脈拍ごとに、指の動脈が拡張と収縮を交互に繰り返します。 皮膚に光を当てると、反射して戻ってくる光の変化により動脈内の赤血球の変動量が説明されます。 これより、PPGが心臓の活動を示す視覚波形を介して、血流の変化を表すことができます。

下記の睡眠ビューに表示されているように、Ouraは次の心拍変動メトリクスを提供します。

  • 平均RHR:夜間に記録された平均RHR
  • 最低RHR:夜間に記録された最も低いRHR
  • RHRトレース:夜間を通して10分ごとに記録したRHR値のグラフ表示。

このデータは、コンディションタブ、睡眠タブ、またトレンドに表示されます。[トレンド]は、ホームIcon_Home.pngタブの左上隅にあるメニューIcon_Bars.pngをタップすると、見つけることができます。 この機能の使用を開始する方法の詳細については、トレンドの使用に関する記事を参照してください。

Intro_to_RHR_1_JA__4_.png


Ouraが安静時心拍数を測定するタイミング

第2世代Ouraリングは、日中の運動やその他の活動中の心拍数を追跡しません。これの唯一の例外は、瞑想や体をリラックスさせる機能であるガイドなしセッションを使用している時です。 - 特定のガイドなしセッションを完了すると、日中の安静時心拍数のスナップショットが表示されます。

 


安静時心拍数の解釈

自分の平均と比較して低いまたは高い心拍数

夜間の最低RHRが個人の長期平均(過去2か月間)よりも約0~10 BPM低い場合、体がよく回復し、その日に取り込むのに最適な状態にあることの証拠です。

しかし、安静時心拍数が非常に低い場合は、倦怠感とも知られる神経系の覚醒が低いゾーンにいることを示している場合があります。(エネルギーが非常に低い時のことを振り返ってみてください)。

通常よりもRHRが10〜15 BPM低い、また通常より3〜5 BPM高い場合は、コンディションスコアが低くなります。

RHRの上昇は、回復不良につながる程度に、体に何かの負担がかかっていることを示しています。 これらのシナリオは両方とも、注意を払い、適切に回復するために、体に必要なケアと時間を与えてあげるためのサインです。

RHRトレースのパターン

夜の前半にRHRが最も低くなる場合は、前日から十分に回復したサインである可能性があります。

この理想的なパターンは「ハンモック」と呼ばれ、次に示す通りです。 RHRが夜間に呈する他のパターンにご興味がある場合は、この記事で詳細を確認してください。

The-Hammock.png

これは、心拍数の安定化の概念と関係があります。 心拍数の安定化の背後にある、一般的な考え方は、睡眠は修復と再充電の2つの部分に分かれているということです。

修復で前日から体が回復し、充電中に翌日の準備を整えます。 夜間に心拍数が最低になると(心拍数の「安定化」)、修復から再充電へと移行します。 そのため、心拍数が夜間の最低値に達するのが早ければ早いほど、次の日のための充電の時間が長くなります。

この記事は役に立ちましたか? 483人中445人がこの記事が役に立ったと言っています
トップに戻る