アクティビティスコアの概要

アクティビティスコアについてご不明な点がある場合は、 アクティビティスコアの基本に関するこの記事をご覧ください。 アクティビティスコアの計算方法から、運動、歩数、カロリー計算方法の詳細、スコアを上げるための簡単なヒントまで、アクティビティスコアに関するすべてを以下に説明します。


アクティビティスコアの計算方法

アクティビティスコアは、日々のアクティビティ(1 日の身体活動量)、歩数、トレーニング頻度、トレーニング量などの指標を使用して算出されます。 Ouraリングは、リングに搭載にされた小さな3D加速度センサーを使って、アクティビティを測定します。 手の動きを3D加速度センサーで測定し、全身活動(身体活動)と脚の動き(歩数)を推計します。

アクティビティスコアは0 ~ 100の範囲です。 スコアが85~100点の場合は、活動と休息のバランスが最適に取れていることを意味します。 70~84のスコアも、両者のバランスが良好であることを示します。 ただし、70未満の場合は、停滞気味のアクティビティコントリビューターに意識を向けた方が良いかもしれません。 低めのアクティビティコントリビューターを探すと、低迷している可能性のある領域を特定できます。

下の画像では、「日間目標達成度」コントリビューターに該当します。 この例がご自身に当てはまる場合、全体的なアクティビティスコアを高めるには、アクティビティ目標の達成に重点を置くと良いでしょう。

アクティビティスコアは、Ouraアプリで次のように表示されます。

Intro_to_Activity_Score_1_JA.png


王冠Icon_Crown.pngアイコンについて

睡眠スコアが85以上の日は、次の場所に王冠Icon_Crown.pngアイコンが表示されます。

  • ホームタブの睡眠カードのアクティビティスコアの横
  • アクティビティタブのアクティビティスコアの横
  • カレンダービュー(アプリ上部の[今日Icon_Calendar.png]を選択)で該当する日の上部

アクティビティの測定方法

Ouraは、ワークアウトだけでなく、リングの加速度センサーを使って、あらゆる種類の身体活動を測定できます。 どこにいても、健康への取り組みのどの段階においても、お使いいただいている方の身体活動を捉えることを重視しています。 このため、リングは規則的な動きと不規則な動きの両方を反映させます。

歩行やランニングなどは規則的な動きで、一方、皿洗い、バドミントン、家事などは不規則な動きになります。 アクティビティの測定時には、強度 (低、中、高) も考慮します。 測定精度を向上させるため、Ouraはアクティビティ強度を分類します。 たとえば、強度のしきい値を設定し、加速度センサーからの信号がこのしきい値を何回超えるかを測定します。 これにより、運動時に体にどれだけ負荷をかけたかについて、現実に即した測定ができるようになるだけでなく、手や手首を振るなど、速い速度で発生する、身体活動ではない体の動きを無視することができます。

Ouraリングが検出する動きが、カロリーと歩数の計算にどのように適用されるかを知りたい場合は、下記以降のセクションをお読みください。


歩数の測定方法

Ouraは、歩行のたびに歩数をカウントするため、その場で歩数が追加されます。 Ouraのアプローチは、ウォーキング、ランニングなどのアクティブな動きのみを測定する他のウェアラブルとは異なります。 Ouraリングでは、前述の方法でOuraリングが検出した動きの数に、身体活動の程度と種類を表す数値を掛けて歩数を算出します。 体の動きを、強度と規則性を正確に表す歩数に変換することが目標のため、このように計算が行われます。

1日の歩数の誤差は、GPS、または性別、体重、年齢、身長を使用した大まかな近似値で歩数を測定する他のウェアラブルの誤差幅とほぼ同じです。


METを使用したアクティビティとカロリーの計算方法

歩数に基づいて、METが算出されます。このMETを使って、Ouraは日々のカロリー消費量を推計します。 代謝当量としても知られるMETは、身体活動の強さが安静時と比較して、何倍に相当するかを示す単位です。 1 METは安静時に体が使用するエネルギーですので、例えば、2 METの身体活動は、安静時や横になっているときに消費するカロリーと比較して、2倍のカロリーを消費していることを意味します。

METは、アクティビティをさまざまなレベル(無活動、低、中、高)に分類する日々の動きのグラフに表示されます。 下の棒グラフに表示されている縦の棒は、1日を通して15分間隔での活動量を示します。 棒が高いほど、その時間帯に大きなMETの活動が行われたことを意味します。 例えば、ランニングは、ウォーキングよりもMETが高くなり、 グラフに表示される棒が高くなります。

Intro_to_Activity_Score_2_JA.png


歩数換算について

Ouraはアクティビティ消費カロリーをウォーキング距離にも変換し、アプリに歩数に換算して表示します。 簡単に言えば、「行った運動の消費カロリーをウォーキングで消費するには、どれだけ歩かなければならなかったか」を示すものです。このため、ウォーキングなどの低強度のアクティビティよりも、ジョギングのような高強度のアクティビティの方が、アクティビティ目標に早く達成できます。

歩数に換算する最大の利点は、他者との間で比較できることです。歩数は同等の活動量を反映するため、この指標を使って友達と活動量を比較することができます。 これに対して、消費カロリーは体重に関連しているため、他者との比較はあまり意味がありません。


アクティビティスコアの改善方法

Ouraは、アクティブでバランスの取れたライフスタイルを推奨します。 週に1度は体を動かし、それを続けること(心拍数と呼吸数が上がる運動を週に2~3回)、それに加えて、体をまったく動かさない日がないようにすることを焦点に置いています。

アクティビティスコアを向上しようとする場合に考慮すべきヒントをいくつかご紹介します。

  • 無活動時間を1日あたり合計で8時間未満にする:アクティビティスコアにプラスの影響を与えます。 1日10時間を超えて、体を動かさない場合はスコアが下がります
  • 毎時間、数分間だけでも体を動かす:例えば 椅子から立ち上がり、足を伸ばすなどです。 これは直接スコアの上昇につながります。 50分間体を動かさないと、血行を促進するようリマインド通知するアラートをご希望の場合は、[設定]からアラートを有効にすることができます
  • 週に5日以上、アクティビティ目標を達成する: アクティビティ目標はコンディションにより変動することにご留意ください
  • 歩数を増やす:Ouraでは歩数の目標はありませんが、歩数をご自身のベースラインと比較することに重点が置かれています。 もちろん他の日に比べて、活動的でない日もありますが、例えば、毎日1,000歩増やして平均歩数を増やすことができれば、スコアが向上し、全般的な健康状態にも良い影響を与えます。
  • 週に2,000~3,000 kcalの中強度から高強度のアクティビティを行うようにする:平均的な成人では、これは週に2時間のジョギング、または4.5時間の早歩きに相当します。 週あたりのアクティブ消費カロリーが750~1,500 kcalに低下すると、アクティビティ スコアは下がります

ただし、アクティビティだけを行うのではなく、回復とのバランスを取ることにもご留意ください。 「運動負荷をかけ、回復する」という、このパターンを繰り返すという意味です。 これを繰り返すことで、長期的にフィットネス レベルを高めることができます。 休息を設けずに5日間運動した場合、「回復時間」の影響により、全体的なアクティビティスコアが低下します。 他にもあるアクティビティコントリビューターの中で、このコントリビューターがどのように決定されるかを理解したい場合は、 こちらのガイドをご覧ください。 


ヘルスケア、Google Fit、Stravaとの連携

Ouraはヘルスケア、Google Fit、Stravaと連携でき、すべてのアクティビティをトラッキングできるワンストップ・ショップを提供します。 連携機能を利用すると、ご自身の目標が何であれ、フィットネス目標の達成に向けたすべての進捗状況を表示できます。 詳しくは、サードパーティ アプリとの連携に関する記事をご覧ください。

ヨガ、サイクリング、ピラティス、筋力トレーニングなど、手の動きが少ないか、ゆっくりな運動は、Ouraリングの3D加速度センサーでは測定が難しいため、これらの運動を頻繁に行う場合は、他のアプリケーションからワークアウトをインポートすると、アクティビティのインサイトをより正確に表示することができます。

アクティビティスコアの詳細については、The Pulseをご覧ください。

この記事は役に立ちましたか? 227人中159人がこの記事が役に立ったと言っています
トップに戻る