1METから1.5METの間のカロリー無活動

1代謝当量(MET)は、安静時代謝率(RMR)に対応しています。RMRとは、体が完全に安静にしているときに燃焼されたカロリー総量のことです。では、なぜOuraは1.5METsを、毎日のアクティビティ的なカロリー消費にコントリビューターするアクティビティの最低基準値として使用しているのでしょうか?

座りっぱなしのアクティビティでは、METsは1~1.5です。座りっぱなしのアクティビティには、食事をしたり、テレビを見ながらくつろいだりすることが含まれます。対照的に、アクティブなカロリーは、本来アクティブ的な作業やアクティビティ(家事など)に関連しています。身体アクティビティは通常、1.5METsを超えるカロリー消費をもたらします。

1.5METsを超えるアクティブ的なカロリーは、一般的にアクティブ的なエネルギー消費と関連しています。1.5 METsをアクティブカロリーのしきい値として使用することで、低強度のアクティビティから大量のアクティビティカロリーを蓄積することを防ぐことができます。これにより、「アクティビティ」タブの精度が向上し、座っているときや安静時の消費カロリーが誇張されることがなくなります。

この記事は役に立ちましたか? 21人中18人がこの記事が役に立ったと言っています